京都で自動車登録・車庫証明なら | 行政書士法人こころ京都

自動車登録証の交付に必要な書類は?移転登録や廃車証明について解説

自動車登録証に記載されている内容を変更する際には、所定の手続きが必要です。

例えば、自動車の名義が変わる「移転登録」などをする場合に、自動車検査証の記載内容の変更が必要になります。廃車証明書も自動車検査証の一種なので、合わせて確認しておきましょう。また、仮ナンバー発行時には検査証の内容が確認されるため、注意が必要です。

こちらでは、自動車登録証に関する一般的な知識について解説いたします。

自動車の移転登録とは?自動車検査証はどう変わる?

car transfer registration

まずは、自動車の移転登録についてご紹介いたします。

移転登録とは自動車の所有者が変わる際に必要となる登録手続きであり、名義変更とも呼ばれます。移転登録を行うと、自動車検査証の記載内容が大きく変わるので注意しましょう。

移転登録の必要書類は、以下の通りです。

  • 譲渡証明書
  • 旧所有者新所有者の印鑑証明書
  • 旧所有者の車検証
  • 新所有者の車庫証明書
  • 自動車税・自動車取得税申告書
  • (第三者に手続きを依頼する場合)委任状
  • (自身で手続きを進める場合)申請書
  • (自身で手続きを進める場合)手数料納付書

移転登録は、新所有者の住所管轄運輸支局にて行う手続きです。運輸支局の窓口に必要書類を提出し、車検証の交付を受けたらそのまま自動車税事務所で税金の申告および納付を行います。

移転登録手続きが完了すると、自動車検査証に記載される内容が新所有者のものに変わります。同時にナンバープレートの変更をするのであれば、ナンバープレートの返納や新しいナンバープレートの受け取りも必要です。

自動車の廃車証明書とは?種類や必要事項を確認

廃車証明書とは、特定の書類を指す名称ではなく、廃車に関する複数の書類の総称です。加入している自動車保険を解約する際に、廃車証明書が必要となります。

廃車証明書には、以下の書類が含まれます。

  • 登録事項等証明書
  • 登録識別情報等通知書
  • 自動車検査証返納証明書
  • 検査記録事項等証明書

廃車証明書は自賠責保険の解約や任意保険の中断のほか、抹消登録した車を再登録する際にも必要です。また、新しく契約した車の車庫証明を申請する際にも使います。

廃車証明書の発行にはナンバープレート、車検証、印鑑証明書、場合によって住民票が必要です。これらを事前に用意して運輸支局で手続きを行うことで、廃車証明書の発行がスムーズにできます。

仮ナンバーとは?なぜ必要なの?

a temporary number

仮ナンバーとは、本来であれば公道を走行することができない車検切れの自動車などが、一時的に市区町村などの許可を得て公道を走行する際に貸し出される仮のナンバープレートのことです。仮ナンバーのナンバープレートには、斜めに赤い線が引かれています。

車検が切れた車以外にも、ナンバープレートの盗難に遭って再登録を行う必要がある車なども、仮ナンバーが必要です。

通常、車検が切れた車やナンバープレートがない車は公道の走行ができませんが、継続検査や再登録のために車を使用せざるを得ない場合があります。そのようなときに、車の使用を許可されていることを証明するために仮ナンバーを利用するのです。

仮ナンバーの発行の際にも、自動車検査証が必要になります。

自動車検査証について正しい知識を身に着けておこう

自動車検査証が必要となったときに、記載されている内容が正しいものでないと後々手間となってしまいます。常に正しい内容が記載された状態であるように、変更があればすぐに手続きを行いましょう。手続きには様々な手順があり、必要書類の準備もありますので、事前に内容を把握しておくとスムーズです。

自動車登録証の交付・必要書類に関するご相談は行政書士法人こころ京都

事務所名 行政書士法人こころ京都 行政書士田中事務所 京都オフィス
住所 〒612-8418 京都府京都市伏見区竹田向代町36-1
代表者 田中 一正(たなか かずまさ)
TEL 075-671-0478
FAX 075-691-5019
URL https://www.k-tanaka-office.jp
E-mail info@k-tanaka-office.jp

お問い合わせ

行政書士法人こころ京都では、自動車登録業務の他にも各種許認可業務なども行っております。
相続・遺言、内容証明書、出張封印、同番再交付、運送事業、産業廃棄物処理、法人設立、建設事業、宅建事業など
何でもご相談にのります。些細なことでも構いません。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら