OSS代理申請

  • HOME
  • OSS代理申請

OSSとは?

OSSとは?

OSS(自動車保有関係手続きのワンストップサービス)とは、検査登録や車庫証明などさまざまな手続きがオンラインで一括申請できるサービスです。OSSを利用すれば、役所の窓口に出向かなくても、いつでも自宅のパソコンから手続きを行えます。平成29年4月からは、OSSを利用できる地域が全国に広がりより便利なサービスになりました。

OSSでできる手続き

新車新規登録 新しく購入された、自動車登録を受けていない自動車を登録するための手続きです。
型式指定車のみが対象となります。
中古車新規登録 利用が一時的に中止されている自動車を再度利用しようとする時に必要となる手続きです。
移転登録 自動車が売買などによって譲渡、譲受され、名義変更(所有者の変更)が必要となった場合に行う手続きです。
変更登録 結婚や引越しなどによって、自動車の所有者の氏名・住所、使用の本拠の位置などを変更した場合に必要となる手続きです。
一時抹消登録 長期出張や海外渡航など、なんらかの理由により自動車の利用を一時的に中止する場合に必要となる手続きです。
永久抹消登録 自動車をリサイクル事業者などに引渡し、解体処分した場合などに必要となる手続きです。
移転一時抹消登録 「移転登録」と「一時抹消登録」を同時に行う手続きです。
移転永久抹消登録 「移転登録」と「永久抹消登録」を同時に行う手続きです。
変更一時抹消登録 住所などの変更を行う「変更登録」と「一時抹消登録」を同時に行う手続きです。
継続検査 自動車検査証の有効期間の満了後も自動車を引き続き使用する場合に、必要となる手続きです。このうち、定期車検の「継続検査」の手続きについては、平成29年(2017年)4月3日から全国で一斉に開始されていますが、
その他の手続きについては、都道府県ごとに準備が整い次第、順次開始されていきます。

OSSを利用するためには

OSSを利用するためには

OSSを利用するためには、電子証明書の取得やICカードリーダなど事前の準備が必要です。
行政書士法人こころ京都では、お客様に代わって代行手続きを承っておりますので、下記をご準備いただければ代行して手続きを進めることが可能です。

1.「マイナンバーカード」を利用して行うOSS代理申請

準備するもの

  • マイナンバーカードまたは住民基本台帳カード(いずれも電子証明書付き)
  • 保管場所証明申請用添付書類(保管場所の所在地、見取り図、駐車場など保管場所の使用権を証明する書類など)
  • 手続き代行手数料(事業所ごとに異なります)

申請の手順

  • 準備した保管場所証明申請用添付書類を申請代理人に提出する
  • 代理申請を行う事業所などで、申請代理人の示す手順に従って、マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードを使用して電子委任状を作成する
  • これ以降は、申請代理人が手続きを進める

2.「印鑑証明書」を利用して行うOSS代理申請

準備するもの

  • 印鑑証明書
  • 委任状
  • 保管場所証明申請用添付書類(保管場所の所在地、見取り図、駐車場など保管場所の使用権を証明する書類など)
  • 手続き代行手数料(事業所ごとに異なります)

申請の手順

  • 準備した委任状、印鑑証明書、保管場所証明申請用添付書類を申請代理人に提出する
    これ以降は、申請代理人が手続きを進める

自動車保有関係のワンストップサービスに関するお問い合わせは

自動車保有関係のワンストップサービスに関するお問い合わせは

ワンストップサービスについて、詳しくは国土交通省のページをご覧ください。

詳しくはこちら

お問い合わせ

行政書士法人こころ京都では、自動車登録業務の他にも各種許認可業務なども行っております。
相続・遺言、内容証明書、出張封印、同番再交付、運送事業、産業廃棄物処理、法人設立、建設事業、宅建事業など
何でもご相談にのります。些細なことでも構いません。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら